一つ一つの問題は歯科で潰す|虫歯や歯周病を防ぐためのオーラルケア

院内

歯周病は予防が大切

歯

酷くなると歯がグラグラし始めて、しまいには抜けてしまう歯周病は予防が大切です。歯周病は歯垢による菌が繁殖して発症させてしまう病気です。特に歯周病は多くの人が発症しやすいといわれているため、予防をしっかりと行っておきましょう。歯周病を防ぐためにはしっかりとしたオーラルケアが大切になります。ただ、オーラルケアを行っても歯周病になってしまうことがあるため注意しましょう。兵庫の歯科では歯周病治療を行っているところもあります。歯周病治療の方法として、まずは歯周ポケットの深さをチェックします。歯周ポケットとは、歯と歯茎の間にできる隙間のことで、そこに歯垢が溜まってしまうことで歯周病になってしまうといわれています。この歯周ポケットの深さをチェックすることで、歯周病の危険度を確かめることができます。

もし、歯周病ポケットがそこまで深くなく痛みなども発症していないのであれば、PTMCと呼ばれる歯科衛生士や歯医者による歯のクリーニングで治療をすることもできます。ただ、それより酷くなってくると歯茎を切開して内側の歯垢を除去する必要があります。このため、まずは歯科で歯周病の状態をチェックしてもらうことが大切です。兵庫の歯科では歯周病かどうかチェックするためにレントゲン検査や歯のぐらつきを検査する動揺検査を行うところもあります。このため、歯周病が気になっている時は一度チェックしてもらうといいでしょう。歯周病になると炎症を起こし、歯茎に変化が見られるため気をつけておきましょう。